Treasure Chest

「飾花の会」

「飾花の会」

2006/10/29 日曜日

何から話せばよいでしょう・・・ yosetuke.jpg
ちょっとショッキングなくらいの感動を。。

挿花家 栗崎昇氏 主宰の「飾花の会」へ行ってきた。
栗崎昇氏は土屋宗良氏やダニエル・オスト氏ら多くの弟子を輩出し、ご本人は表千家の茶人でもある有名な華道家。そして私が毎月楽しみと驚きを抱えつつレッスンに伺っている濱田先生のお師匠でもある。
今回、濱田先生からお誘いを受け初めて拝見させていただいてきた。

sugiddama1.jpg  まだ紅葉にはちょっと早い京都・蹴上の
  京都市国際交流会館がその舞台。
  会場に入る前にまず「寄付」で一服。
  頂きながら横に飾られているのは 
  飯桐・鈴掛けの実・玉水木・旱蓮木。
  大きなカゴにがっさりと入っている。
旱蓮木は今月レッスンで使ったものよりもっと大きくグリーンが美しい。(右上↑↑↑)

さていよいよ会場である和風別館へ。
“プロムナァド”と名打たれた道にはsugidama2.jpg
大小あわせて十個近くもの杉玉が
竹に吊られてほのかに揺れている。
びっくりした… こんなに沢山の杉玉見たことない。
もうこれは杉玉ではない。
オブジェである。いきなりグッと心が掴まれた感じ。
(ちなみにここは濱田先生が担当されている)  

kikunohatama.jpg   入口で靴を脱ぎ、上がろうとしたらそこには
  菊の葉の玉が、これまた竹に吊られていた。
  これが菊の葉だと一見してわかる人は殆ど
  いないと思う。実際この目で見ても
  わからなかったから。。
  一体これってどこから発想が出るんだろう・・・

一番目のお部屋は「唐子遊び」の間。中に入ってまず色とりどりのkikutama2.jpg菊の玉に圧倒される。菊は菊でも見たことの無いような菊。もっとも日本的な花の一つである菊の違う一面が現れされたようだ。私が気に入ったのはこのライラック色の菊玉。kikutama1.jpgなんてあでやかな色なんでしょう!嵯峨菊・蝦夷菊・伊勢菊・肥後菊・丁字菊など幾種類もの菊を用意するだけでも大変だろうな・・・と、シゲシゲ見入る。う〜ん・・・うなってしまう。。

    菊玉のオンパレード。圧巻です。

「花寄せ」と題された次の間では、唐籠や烏帽子籠や尺八に、吾亦紅(われもこう)やtoukago.jpg吹上菊、竹の花、竹似草などの野の花を生けるパフォーマンスが始まっていた。

自然に逆らわず、
まるでそこに咲いているかのよう。
まさにタイトル通り “花寄せ”。

本当はもっとたくさん写真も撮ったのだが、
残念ながら腕前が悪く載せられない・・・ごめんなさい。

yakushimasusuki.jpg  いよいよ最後に待っていたのは「花すすき」の間。
  部屋一面に敷き詰められた苔にたくさんの
  屋久島すすき。
  間にはちょこっと山竜胆(やまりんどう)が顔を覗かせる。

ここには山の絵が描かれた屏風がどーんと奥にあり、野点の趣向で板風炉が置かれている。弁財天の炉蓋が飾られ、一体ここはどこ??と問いかけてしまいたくなる。

kobi.jpg  花だけでなく、各間にさりげなく飾られているお軸や
  香合や蒔絵箱や屏風や・・・
  もう、すべて細部に至るまで綿密に計算されつつ、
  でも嫌味の無い超自然体であるこれらの空間は、
  どうすれば生み出されるのか。
  ←←←このお軸の絵は猫が三味線を弾いてるのです。
                こんなの見たことあります?karako.jpg

                     ⇒⇒⇒
      この唐枕の唐子。なんて愛らしい。
      これは「唐子遊び」の間の飾り物。

そして↓↓↓これは
ichimonji.jpg  廊下の突き当たりにあるいわゆるニッチのようなところに
  飾られた、一文字。一文字と聞いて “菊” だとわかる方
  はスゴイ。花びらに綿を詰めてこのような形に育てるとのこと。
  たった一輪なのにこの存在感。
  しかも直接のスポットではない、
  障子の向こうのほのかな灯りで更に美しさが増す。

周到に考えられていながら、自然体であること。受ける側の肩が凝らず、ありのままであるようにいながら、でもそれは自然を超越したものであるように思う。これが行き着く先なのだろうか。正直、今の私にはまだまだ理解できない世界かもしれない。奥深いとしか言いようが無い・・・未熟者のわたし。。 

数年に一回というこの会に伺うことが出来たのはまさしく ご縁。ほんの数ヶ月前まではこんな会が行われていることすら知らなかった。偶然でありながら必然である。これも自然なのだ。

posted in flower | 2 Comments

壁掛け

2006/10/26 木曜日

おうちの壁って今、何か飾ってあります?kabekake1.jpg

リビングや寝室などのお部屋の壁にはやはり絵でしょうか。
では廊下の壁は?
外国では家族の写真や絵皿なんかも飾ってありますよね。

今回はなんとなく廊下の壁にちょこっと飾ってもらえたら・・・
というイメージの “チョイ小さめ額” を作ってみました。

kabekake2.jpg  ノーマルな黒い額を、とってもシンプルに赤と白でまとめ、
  グリーンで締めてみました。
  ベースになっているのは白いカーリーモス。
  モヘヤのようにもやもやってしているのはフェザーグラス。
  同じような生成りっぽい白でも
  素材が違うとちょっと楽しいでしょ!

白い壁はもちろん、茶系やベージュでもノープロブレム(*^^)v
立体感もあり、小さいけれど存在感のある作品です。
なかなか写真では作品の良さをお伝えできないのが残念ですが。。
秋の模様替えのひとつにいかがですか?

もともとのサイズkabekake3.jpg
縦15僉 漾_15僉 漾 ̄行5僉

出来上がりサイズ
縦20僉 漾_22僉 漾 ̄行10

商品名;壁掛け(br−r)
プリザーブド(バラ、タチカズラ、カーリーモス、フェザーグラス、ベリーグリーン)

また『作品一覧』にも載せています。そちらも併せてご覧下さいませ。   

posted in flower | 0 Comments

大人の秋色・・・

2006/10/24 火曜日

とても深いGREEN−ROSEのプリザーブドを見つけgreen-rose1.jpg
迷ったけれど、思い切って使ってみることにした。

プリザーブドは花首だけが整然と箱に並んで入っている。
この抹茶色のバラを見たとき、とっても惹かれたけれど
それだけを使うとちょっと暗いイメージの作品になっちゃうのでは…
と心配になった。

green-rose2.jpg   で、何か明るい色のものと合わせようと購入したものの
   いざ作ろうと思ったとき、
   やはりこの何とも言えない渋い緑の色を最大限に引き出した
   (緑ONLYの作品にしちゃえ!)
   と心に決めた。
   

ブロンズ仕上げのような青銅色のVASEに
微妙に色の違う緑のアイビーやゴールドピット。
深みをもたせた赤のカーリーポッドが差し色になっている。
華やかさを出すためにGOLDのライン入りのリボンを使い
ちょっとしつこいくらいにいっぱい器や花に巻きつけちゃいました。green-rose3.jpg

大人のGREEN-ROSE。
今年の秋はシックにいかが?

もちろんクリスマスにもお使いいただけます。

商品名;GREEN-ROSE
プリザーブド(バラ、アイビー、ピット、カーリーポッド他)
W24 ×D14 ×H24

また『作品一覧』にも載せています。そちらも併せてご覧下さいませ。   

posted in flower | 0 Comments

ルーブルと鞍馬とグラッパ

2006/10/21 土曜日

タイトル通りでごめんなさい< (_ _)>louvre.jpg
今日はルーブル展と鞍馬山とイタリア料理の一日でした。

京都市美術館でやっている“古代ギリシャ美術・神々の遺産”と副題されたルーブル美術館展には数々の彫刻や焼物が展示されていて、
紀元前3世紀だの4世紀だのに作られたとは思えない
作品(レプリカも多いが…)ばかり。。
20年ほど前にフランスで見たときも
(一体どうやって作ったの??)と驚いたっけ。。
人間ってスゴイなぁ・・と改めて感心。
でもやはり私は彫刻より絵画の方が好きかも…とちょっと実感(^^ゞ

kurama2.jpg   天気もまずまずだったので、
   初めて電車で鞍馬山に行ってきた。
   
   鞍馬駅を降りるとどーんと天狗のお面。
   そう、“鞍馬天狗”のあの大天狗。
   本当に義経に兵法を伝授したのだろうか?

京都に生まれ育ったにもかかわらずkurama1.jpg
鞍馬山に登るのは初めて(^^ゞ
何の気なしに登り始めたけれど
終着点の貴船口駅まで
日ごろ運動不足の私には結構キツかった・・・

kurama3.jpg   鞍馬の火祭りで有名な由岐神社
   を通り、ひたすらひたすら歩いていく。

   ←←← 
   由岐神社の大杉社(願掛け杉)
    樹齢800年。

背くらべ石(牛若丸が背を比べたと言われる)まで来ると、
あとはどんどん下っていくだけ。
貴船口から登ってきたカップルの女性が泣きそうになってたので
『ここからは下りですよ〜』と声を掛けた。
そう、私自身にもハッパを掛けるつもりで。。

およそ5kmの道のりを歩き終え、大好きなイタリア料理店でのお楽しみの夕食へ。
(疲れ切った後の食事が格別なのです!)
お料理の写真を載せるのもひとつなのですが
まぁそれがメインではないので、今回は割愛させていただくとして・・・

さて、食後と言えば普通はドルチェ!grappa.jpg
いえいえ、私はやっぱり Grappa!!

グラッパは、ワインをつくるときに出るブドウの搾りかす(ブドウの皮や種子、果軸など)を発酵させたアルコールを蒸留させてできるイタリア特産の蒸留酒でブランデーの一種。主に食後酒として楽しまれ、アルコール度は40度前後(ちなみに今夜のグラッパは42度。火が点くんじゃないか〜?)。

甘いものがあまり得意でない私の食後はこれ!
イタリア料理店と看板が上がっていても、グラッパを置いている店は案外少ない。
でもこの店にはいつも数種類置いてあり楽しませてもらっている。

オイリーになった胃を高アルコール度のグラッパで活発化させるのか?
なぜかグラッパを飲むと胃もたれが少ない気がするのです。
みなさんも一度お試しあれ!(なにせ恐ろしいアルコール度ゆえご注意を!)

今日は フランス・日本・イタリアと 身近な世界旅行でした(*^^)v   

posted in 日々のこと | 0 Comments

癒し・・・

2006/10/19 木曜日

ちょっと疲れたとき、皆さんはどうやって 『 ホッ 』 と力を抜きますか?
margin6.jpg
好きな飲み物を飲む?音楽を聴く?それともいっそ寝ちゃう?

今日はそんなとき、こんな画がお部屋にあったらいいかも…
と思うものを知合いから教えてもらいました。
はじめ見たときは
『まぁ かわいいかも』 くらいな感じで
今まで特に気をつけてた分野でもなかったのです。

margin5jpg.jpg    だけど、これが時間が経つごとになんとなく
    “かわいい”
    だけではなく不思議と 穏やかな感覚になってきたのです。
    これっていわゆる
    『 癒し 』 ってことなんでしょうか?
    なんなんだろうか・・・このほんわかした感じは?

この作者の方ってどんな人なんだろう。。
きっと優しい人なんだろうな…って勝手に思ってます(^^ゞmargin4.jpg

http://margin-c.net/

ここ ↑↑↑ に載っています。
よかったら覗いてみてください。
ちょっと安らいだ気分で一日を終えられるかも。

posted in 日々のこと | 0 Comments

古いもの・・・新しいもの

2006/10/17 火曜日

hyougoteougeikan.jpg人間国宝 松井康成の全貌』 展へ行って来た。

陶芸のことはあまりわからない私だが、
いやいや、さすがに人間国宝の作品だけあって、
正直感動した。
姉と二人、顔を見合わせながら
(これってどうやって作ってあるの??)。。

松井康成氏は、古来よりある≪練上≫という技法に的を絞り、
研究に研究を重ねてまた新たな芸術を生み出した。
今まで誰も作ったことのないものを作り出すそのパワーは
“ 飽くなき探究心 ”でありつつ、でももしかしたら
“ 偶然の産物 ”かもしれない。
だけど、それをただの 『偶然』 で終わらせるのか 『芸術』 まで極めるか。は、
やはり自分自身である。

後年の作品はかなり芸術品としての完成度が増したように思うが
私はどちらかというと初期の作品に、生まれたてのエネルギーと素朴さを感じる。
写真を撮ろうとしたら怒られてしまったのでパンフの作品しか載せられないが
10月22日までなので、興味のある方は兵庫陶芸美術館へ行ってみて下さい。
田んぼや畑の中にドカ〜ンと新しい建物が建っています。

その後、≪すべての料理を漆の器で出す≫ というお店でゆっくりとランチタイム。
電車やバスなどが近くを通ってない自然いっぱいの中にあり、
漆作家のご主人が経営している。
手入れが邪魔くさくてお正月や来客時くらいしかあまり使わない
漆茶碗での食事はnobana1.jpgなかなかしっとりとしていい感じ。

nobana2.jpg     テーブルやお玄関には
     庭に自生している野の花たちが、
     自然に生けられていて
     これまたイイ感じ。
     

お料理と雰囲気をたっぷりいただきお店を出るとgekkabijin.jpg
そこには無造作に 月下美人の植木鉢が…
『最後の一輪が咲いてついに終わっちゃった』 と店のご主人。
これって食せるってご存知でした?

一年に一度、新月の夜にしか咲かないと言われていた儚い花。

しかし“スープの具としてや開花後のしぼんだ花を豚肉とともに炒めてもよい”
などとネットにも載っていて、ちょっとガッカリ…したのは私だけ?
この最後の花、今夜はお店のご主人の食卓に上るのだろうか…

kaeru.jpg   ・・付録・・
   ←←← これは月下美人の葉の上に
   置物のように乗っかっていたカエル。
   おもちゃみたいだったからつい撮っちゃいました。

 

 

posted in flower | 0 Comments

小さな作品

2006/10/14 土曜日

cinderella1.jpg    こんなかわいいゴールドワイヤーで出来た靴を
        みつけました。
    W18 × D6 × H7 僉,函.轡鵐妊譽薀汽ぅ此
    今回はこれにキャンディピンクのバラとホワイトあじさい
        を使い、作品にしてみました。
        赤いリボンのふちどりが利いています。
                                 同作品はあと1つ、シルバーも1つだけご用意できます。

cinderella2.jpg                商品名;シンデレラ(G-p)
cinderella3.jpg      プリザーブドフラワー
     (バラ、あじさい、アイビー、ピット、他)
           出来上がりのサイズ
 cinderella4.jpg          W18 × D12 × H9
      

      

 

 

★お待たせしました(待ってないって?)
Small Box の第二弾です。今回はブラックのBOXを使用し、s-boxbr3.jpg
濃い目の赤バラでシックに仕上げました。

ブラウンBOXは飾らないときはふたを閉めることが出来ましたが
このブラックの方は完全に閉めることは出来ません。
パールとリボンでかなりゴージャスになっています。
色目も秋色で、おひとついかがですか?

s-boxbr2.jpg                   s-boxbr1.jpg

商品名:Small Box(br-r)
プリザーブド(バラ、アイビー、ステルンクーゲル他)
サイズ W14 × D15 × H15
また『作品一覧』にも載せています。そちらも併せてご覧下さいませ。                                 

posted in flower | 6 Comments

旱蓮木…かんれんぼく…

2006/10/12 木曜日

1ヶ月経つのは本当に早い!minazuki2.jpg
今日も行って来ました、未知の世界のレッスンへ。

第3回目。今月はどんなの作るんだろう…
レッスンへ向かう道々、緊張しつつも楽しみで仕方ない。

さて、行ってみてやはり予想を裏切らない素敵な作品。
花材は 水無月(あじさい)、万作、からすウリ、そして 旱蓮木(かんれんぼく)。
 『旱蓮木』 なんて聞いたことも見たこともない。

minazuki3.jpg  先生は  “ギリギリ(時期的に)あってよかったわ〜。”  
  なんて仰ってたけど、正直、モンキーバナナの赤ちゃんか
  と思った^^;
  ←←← 手前の黄緑色の小さな房になってる枝。
  (オオギリ科の落葉高木で果実や根は抗ガン剤の原料に
   なるらしい)

烏瓜(からすうり)だって、初めて使う花材なのよ・・・すずめ瓜は知ってるけど。。
花がワサワサと付いたあじさいは、まるで アトムに出てくるお茶の水博士の鼻のようだし。(ごめんなさい)

これらを使って一体どんな作品を作るのか?
まずはこの立派なお茶の水博士…いやいや水無月(あじさい)でどーんと土台を作りminazuki1.jpg
その間を橙色から濃いワインカラーへ紅葉した万作で覆う。
ほのかなピンクや赤茶、薄い緑、と色とりどりなあじさいとの
コントラストが秋らしい。
貴重な旱蓮木をいかに主張させすぎずに目立たせるか!
なかなかこれが難しい。
最後につるを生かしてからす瓜をちりばめる。
オレンジやグリーンのうりぼうが色のPOINTになって一気に作品が引き締まる。

今日は朝からプリザーブドの買出しに花材屋さんに出掛けていて
かなりぐったり…の状態でのお稽古だったからどうなるか。。と心配だったけど
案外肩の力が抜けて、楽な気持ちで生けられたかも(^^ゞ 

出来上がってみると、今月もやっぱり 『なんじゃこりゃ??』って感じに見えるけど、
毎年季節になるとお目見えする花材たちを今年はいかに今年風に生けるか…
きっと飽くなき探究心がなければやっていけないんだろうな、と痛感する。
毎回レッスンを待ちわびるのは、やはり先生のアグレッシブな姿勢があるからだろう。
人を毎月毎月感動させるってほんと、すごいことです。尊敬です。

yamasyaku.jpg   ちなみに、本日のお茶室の一輪は、山しゃくやく。
   実はこれも初めて見ました。
   細〜いトクサが1本だけ伸びているのがまた絵になる。

   あぁ、四季があるってほんと いいな〜。

posted in flower | 0 Comments

初、浪曲!

2006/10/8 日曜日

初めて浪曲を聴いた。

そもそも浪曲ってどんなものなのか、ご存知ですか?
それは、明治時代初期から始まった演芸の一つ『浪花節』のことでkeikosensei2.jpg
三味線を伴奏に用いて物語を語るものである。
古くから伝わる浄瑠璃や説教節、祭文が基礎になっていて、
大阪の芸人“浪花伊助”の芸が大うけしたところから
「浪花節」と名付けられた、とのこと。

この21世紀、あまりに多くの娯楽がある中で、
正直、めちゃくちゃ興味があったというわけではないのだけれど、
いつも参加させていただいている大阪異業種交流会
(ちなみに私は実行委員です…)の
今回のゲストが浪曲師の春野恵子さんで
初めて生で浪曲を体験する機会を得ることが出来たのだ。

春野恵子さんって聞いて、すぐに『電波少年』のケイコ先生だと気付く方は
なかなかスゴイ!
そう、あの坂本っちゃん大学受験のための東大卒の家庭教師だった方です。
(あれって一体何年前のTV??)
そのケイコ先生が来てくださり
「天狗女房」 「両国夫婦花火」 の2演目を披露してくださった。

いやぁ〜、これがものすごい迫力!

keikosensei1.jpg   電波少年時代の裏話や何故浪曲師を目指されたのか
   などを話してくださってた穏やかな口調から一転、
   キリっと顔が引き締まり、
   会場内に太く重たい声が響きわたる。

   
歌ありセリフありの “一人ミュージカル”(ご本人談) の約30分の演目に、
思わず引き込まれていく。
目をつむって聴いていると、話の状況がありありと浮かんでくる。
   
婚礼日に天狗に連れ去られた花嫁は、無理やり天狗の女房にされ九年の苦しい月日を過ごした。待ちに待った天狗の死に際、助けを求める天狗に 『ざま〜みろ!』 とののしり見殺しにする。晴れて自由の身になったにもかかわらずその貧しい心のため鬼婆と化してしまう女…あぁ哀しい。。天狗女房…

『両国夫婦花火』は隅田川の花火師 『たまや』 と 『かぎや』 に繰り広げられる
心なごむ暖か〜い人情話。
ひとつひとつ説明したいのだが、話の内容ばかりになってしまってもなんなんで
これは割愛させていただくとして、
現在、浪曲の定席(常設の興行小屋)は東京都浅草の木馬亭と
大阪府の「一心寺門前浪曲寄席」があるとのこと。
是非一度、聴きに行ってみられてはどうでしょうか?
忘れかけてた日本人の心をふっと思い出す、そんな感じになりますよ。

posted in 日々のこと | 2 Comments

☆ 幼なじみ ☆

2006/10/5 木曜日

green-gerbera1.jpg  皆さんは小学校の仲間と会うこと ありますか?

  私は小学校5・6年生時代のクラス会を
  もう20年以上続けている。
  仕事の都合等で離れてしまってる子も多いけど
  1年置きのこの瞬間はやっぱり楽しみ(*^^)v

中でも一番仲のいい幼なじみが実家のあとを継いで
今 クリーニング屋さんをやっている。(腕がいいと評判!)
私が地元を離れ一人暮らしをしていたときも 折に触れ

『お〜い、生きてるかぁ〜?』 

と電話をくれる 心優しき友。
(おっとこ前で背が高く 学生時代は陸上部のエース!でも現在3児の父…)

その彼から久々に電話がかかってきた。
何かと言うと、今年は同窓会の年だけど都合はどない?とのこと。
いやぁ〜、2年の月日は早い!
年々早く時が流れるような気がする。。歳とったかな…

それで思い出したのが今年の春に作った作品。
彼から 『お店に飾る花を作ってくれないか?』 と言われ
どんな感じのものがいいか、ほとんど聞かずに思い込みで作った(^^ゞ
ただ一つ、

“クリーニング屋さんやから、とにかくクリーンなイメージ”green-gerbera2.jpg

という気持ちだけで。。

無事にお店にマッチするか心配だったけど
お客さんからも評判いいよ〜!と言ってもらえ
ホッと胸をなでおろした。

『近々第二弾も作ってよ(^^)v 』 との嬉しいお言葉。
もちろん喜んで作らせてもらうよん!
でも前回はたくさん支払ってもらいすぎだったから
次回は気を使わないでね〜!

posted in flower | 0 Comments