Treasure Chest

涙・涙・涙。。。

涙・涙・涙。。。

2007/1/29 月曜日

今日は哀しい一日でした。

明日、以前勤めていた会社の元同僚達と久しぶりに我が家で集まろうと計画していたのですが、
昼頃、会社の方のご家族にご不幸があったので延期にしよう、とメールが入った。

私は全然存じ上げない方なのだけれど
そんな日はなんとなく心が落ち着かない。

夕方、いつものようにポストに新聞と郵便物を取り行った。
と、 『AIR MAIL Par avion』 のシールが貼ってあるブルーのかわいい封筒が目に入った。
(なんだろう?)
見ると、懐かしいカナダのホストマザーからのカード。
いつものように遅ればせながら送ったクリスマスカードのお返しだわ!
と心躍りながら部屋へ戻り、封を切った。

そこには 『拝啓…』 から始まる日本語が並んでいてまずビックリ。
(お母さん、日本語習ってるのかな?)namida.jpg
なんて微笑んだのもつかの間、すぐその後に
『今日わ悲しいお知らせをひと筆申し上げます』 と書かれていた。
(え?何??)
心臓バクバクしながら読み進むと、
何と、ホストファザーが急性白血病から心臓発作を起こし
昨年9月に他界した、と綴ってあった。

『彼わ毎年のクリスマスカードを貴方から頂くのを感謝しておりました。
そして貴方達が又旅行で此方にいらして又再会できる事を期待してました。』

これって何?
ほんとのこと?
現実??
なんだかわからない。。

あぁ…
なんで?なんでなん??なんでこんなに早く??
こんなことになるなら、行きたいと思った去年、カナダに行っておくんだった。。
涙が止まらない。

結婚が遅かった私。ようやく送った花嫁姿の写真を見て
『なんて素敵な報告なんだ!!本当に待っていたよ。おめでとう!
だけどどうして伝統衣装(白無垢・色打ち掛け)とドレスの両方着るんだ?』と
手紙を送ってきてくれたお父さん。
英語が下手でうまく返事が出来なくてごめんなさい。
今更言っても遅いけど…

あぁ…
色んなことが走馬灯のように頭をよぎる。
会いたかった。
もう一度、会いたかった。
悔しい。
哀しい。
淋しい。

もう一度会いたかった。
でももう会えない。

お母さんはどんな思いでこのカードを日本語で書いて送ってくれたんだろう。
考えるだけで胸がつぶれる。。

どうか、空の上で、痛みの無い穏やかな日々を送ってください。
心よりご冥福をお祈りいたします。

posted in 日々のこと | 0 Comments

ASCENSION

2007/1/28 日曜日

恒例 MISIAのコンサート! 今年も行ってまいりました。misia1.jpg

連続4回目。楽しみにしておりました(*^^)v

今回のテーマは『ASCENSION』。
辞書なんかで調べると  “ (キリストの)昇天 ” なんて出てくるけど
彼女は 「生きる力」や「ポジティヴ」、「変化」と言う意味で捉えてる。
前向きに、上昇するぞ!というパワーを内に秘める。
これは2月に出るアルバムのタイトルでもあるらしく
途中、その中にリリースされるとみられる曲も流れた。

15分押しで始まったコンサート。
が、始まってすぐ
(??もしや体調悪い?)
と、素人の私が思ってしまうぐらい声の調子がイマイチに思えた。

ツテを頼ってGETした席は、な・なんとアリーナの前から3列目のど真ん中!!
こんな席初めて〜(^^)/ 
MISIAの額の汗や首筋に浮かぶ血管まで見える!  コワイくらい。

にも関わらず、MCの声も鼻声。。
いつもの得意の高音も伸びが無いように感じる…
しかも2月リリースの知らない曲もあり、
ちょっと淋しい感じ。。

misia2.jpg  初めてMISIAを聞きに行ったのはもう5年くらい前。
  当時20代前半の彼女はパワフルで、
  あの声量に引き込まれる感じで、燃えた。
  もともと大人っぽかったけど、
  最近はさらに “ 聞かせる歌 ” と言うのだろうか
  しっぽりと座席に座って聞き入る歌が多くなった気がする。
(最後はフル回転で走りまわってはりましたが…)

私が好きなのは、ファーストアルバムに入ってる曲。
これを歌われるとぐ〜んと心が入ってしまう。
けど、今回は昔の曲はサラッとメドレーで流されてしまい、
燃え始める前に終わっちゃった・・・って感じ。ちょっと残念。
ゆえに今回は <完全燃焼〜!> と言う感じではなかったけど
やっぱり、やっぱり MISIA 好き!!

現実からちょっと離れ、楽しいひと時をGET出来ました。
(ちょっとバックダンサー達がイマイチでしたが…)

さぁ、また今週も頑張ろう!

posted in 日々のこと | 0 Comments

エリカ

2007/1/24 水曜日

今年も月一ではありますが、素敵なエッセンスをいただきにerika1.jpg
お花のお稽古を開始いたしました。

第一回目のレッスンは何とも色合いの優しい作品。
キレイでしょ〜。

メインのお花はエリカ。

erika2.jpg  つつじ科の植物で、小さなお花がいっぱいついてかわいいんだけど、
  枯れてくるとハラハラ〜と花やの小さい葉っぱやのが落ちて
  お掃除がちょっと大変^^;
  花がいっぱい並ぶ様をクリスマスのパレードになぞらえて    
  別名 「クリスマスパレード」 と言うらしい。
  なんとなくわかる〜。

添えのお花は
深〜い紫色がとっても妖艶な感じのチューリップ(キングオブナイト)とカラー。
同系色でチョコレートコスモスが1本だけ、ゆらゆらっと入ってる。

これだけでまとめてもとてもシックで美しいのだろうけど
今日はそこに白い花が入り、キュっと可愛らしさが増した。

白い花は、ライラック、オルラヤ、コアニー。
オルラヤとコアニーは良く似ていて思わず間違えそう。
erika3.jpg
それにしても素敵な色あわせ。
私が問屋に買出しに行っても
きっとこの組み合わせは選ばないだろうな〜。
覚えておこう。
エリカをメインに使ったのも初めて。
ワサワサっとええ加減に入ってるようで結構大変。
メインでありながら地固めの花でもある。
どう生けてよいのかわからず、今回はかなり先生の手入れが入った…
う〜ん、しょっぱなからつまづいちゃった。。
でも、お陰様で最後はまぁまぁいい具合にまとまった。

今年もいっぱい色々教えて頂いてセンスアップしていこうっと!

mamemaki.jpg   ≪付録≫
   今回のお茶室。
   月一なので、次回はもう2月の中頃。
   ゆえに、今回は節分がテーマ。
   懐紙の上の鬼の焼物がカワイイ!
   お豆さんの上にはヒイラギが。魔よけ。

posted in flower | 2 Comments

小豆粥(あずきがゆ)

2007/1/20 土曜日

1月ももう20日が過ぎました。
今更ですが、1月15日に小豆粥を食べられた方っておられますか?

その日、京都の友人からメールがありました。
『ねぇ、今日って小豆粥食べない?知らないっていう友達がいるんだけど…』
私は
『もちろん食べるよ〜!7日は七草粥、15日は小豆粥よ!』
と送ったら
『そうよね〜、七草粥も小豆粥も私は今もちゃんと作ってるよ〜!』
と、来た。

当たり前と思ってたこと。でも案外違うのかも??

『小正月(1月15日)、
“十五日小豆粥を煮て天狗をまつれば年中の邪気を防ぐ”と言う伝えが古くからあり、
京都を中心に関西地方を始め各地に食べる習慣が残っている。
これは平安時代から続いており、紀貫之の「土佐日記」にも小豆粥は登場する。
平安中期の法典「延喜式」には、宇多天皇(867〜931)の頃から、
天皇には小豆を含め、米、粟(アワ)など7種類の穀物を入れた七種粥が捧げられ、
一般の官人には御粥(小豆粥のこと)がふるまわれる』 

『日本や中国、朝鮮では、美しい「赤色」は呪術的意味をもち、古くから魔除け、
汚れ払いなどに多く用いられてきた。現在でも、正月の十五日や季節の区切りの節には、
厄除けに小豆粥や赤飯を食べていたものです。
正月十五日の小正月(女正月、若正月、花正月、二番正月とも言う)に
お餅を入れた小豆粥は新しい年が無病息災、無事を祈り厄払いの意味が込められています。
今の様に冬場に新鮮な野菜を口に出来なかった時代、冬に小豆を粥などにして食べることは
ビタミンB1、B2などの栄養の補給になり、健康維持・向上に役立ったものと考えられます。
このとき小豆粥の出来、不出来で、この年の豊年満作を占っていました。
赤色を、血や生命の誕生と結びつける風習が西洋(クリスマスのセイヨウヒイラギ)にもありました。
東洋では、赤は陽で陰を抑えると見る陰陽道の影響もあります。』 とある。

1月7日の朝には、春の七草を入れた粥を食べ、
一年の無病息災を願い、厄払いと健康を祈る。
そして小正月(1月15日)には小豆の赤で邪気を払い、
一年万病を防ぐとして小豆粥を食べる。

こんな素敵で理にかなった風習。
京都だけといわず是非多くの方に知ってもらって
これからも残して行きたいな、と思うのは
私だけでしょうか?

posted in 日々のこと | 0 Comments

現代京都書作家展

2007/1/16 火曜日

行ってまいりました、『 現代京都書作家展 』 へ。syosakka1.jpg

新春恒例、
日展を鍛錬の場とする京都書壇の大家から新進気鋭の作家の皆さん
約130人ほどが力作を出展されており
漢字、かな、調和体の各書体がたくさん披露されている。

私が書を学ばせて頂いていた池田桂鳳先生も
もちろん出展されている。
(『 “字”は体をあらわす… 』 にも載せています。よかったら覗いてくださいね。)

syosakka.jpg  書道はやはり“漢字”だよ。
  と、おっしゃる方もおられるかもしれないけれど
  私はやっぱり  “かな” が好きだし
  池田先生の作品を見ると、なんだか胸が熱〜くなってくる。
  そして先生を師事しておられる皆さんの作品をみると
  なんとなく落ち着くのである。不思議なもんです。。

ものすごく細いのに力強い線、そして柔らかで優しいかたち。
一枚の紙の上に作り上げられた
まるで絵画のような作品たち。

私には到底到達できないところだけど
あ〜ぁ、もちっと頑張ってお稽古しとくんだったなぁ。。

posted in 日々のこと | 0 Comments

迎春飾り2

2007/1/14 日曜日

『年々お正月っぽく無くなってきたな〜』 hagoita1.jpg
と思うということは先日も書いたのですが、
(これではあかん!もうちょっとお正月っぽく飾りつけよう!) と、
昨年の迎春用(おととしの暮れ)に作った 自家製 “ 羽子板 ” を
物入から引っ張り出してきた。

hagoita2.jpg  昨年のお正月は確か 壁には この羽子板もどきと
  シューズボックスの上にはプリザとシルクフラワーの造花を
  飾った覚えがあります。
  羽子板だけは残しておいたのですが
  作った造花は解体してしまった… 
  今思うと残しておけばよかったかな。。

この羽子板はとっても簡単に作ってあって
既製の羽子板型に松や白・紫の葉牡丹、梅の小枝、
そしてセンリョウもどき等をワイヤーで結びつけ、
そこに凧や鏡餅や羽子板を挿しただけ。
イージー過ぎですが、まぁ雰囲気は出てるかな??と思うのですが。。
どうでしょうか?

飾りものの多くは期間限定もので、たとえば
迎春用・ひな祭り用・節句用・七夕用・お月見やハロウィーン用・クリスマス用…
などと、1年に1度限られた期間だけおうちを飾る。
そして時期が過ぎると今度はそれをどこに片付けようか
いつも頭を悩ませる。。
なんとか押入れに片付けたはいいけれど
各シーズンになるとやはり毎年新しいものを買ったり作ったりしてhagoita3.jpg
前年までのものは出さずに終わっちゃったりすることもしばしば。。

だけど、貧乏性で物を捨てることが下手な私は
どんどんたまっていくお花や小物達を
シーズン以外でもたま〜に引っ張り出して眺めながら
自己満足に浸ってる(*^^)v
『今年は出せなかったけど、来年は飾るから待っててね』
と声を掛けながら…

posted in flower | 0 Comments

初笑い

2007/1/11 木曜日

大阪に住んで2年とちょっと。
キタで6年ほど勤めていたので梅田界隈はちょっとはわかるのですが
ミナミは正直全然わかりません。。
が、教えてもらって最近気に入ってるのが法善寺横丁。
石畳と水掛不動さんと夫婦善哉が有名。
風情があってしかも立ち並ぶ飲食店はリーズナブルだし、なんとなく私は好きなのです。

今年は新年早々、その水掛不動さんの前で待ち合わせをして
知合いの方に “寄席” に連れて行ってもらった(*^_^*)
実は生まれて初めて。。
法善寺からちょっと歩いて道頓堀に行き
『B1角座』という松竹芸能がやってる寄席に行った。
ちょっとだけ顔見知りの芸人さんも出られるのでワクワク!

寄席ってちょっとお年寄りっぽいイメージがあったのと
笑いが取れず、冷ややか〜なムードのときに
どうしたらよいのかわからないのでなんとなく行きそびれていた。
(これってハマるかもうイヤになるか、どっちかやろな〜)
と、勝手に思いながら最前列で開演を待った。←←なんだかんだ言いながら最前列。

“あ、この人、見たことある〜”っていう芸人さんも中にはおられ
計9組、かなり笑わせてもらって終わりました。満足!
(でも大トリのコンビが出演されなかったのが残念でした…なんで?)

いや〜、やっぱりTVと生の舞台とは全然違う!
ホンネです。
多少寒〜くなるときもあったけど(若手・中堅かかわらず)
でも、客席との掛け合いやあの場の雰囲気はやっぱり楽しい。
是非また行ってみたい!
今度は吉本もいいなぁ。

あぁ、こうやって着実に大阪のオバハンになっていく私なのね〜。。

posted in 日々のこと | 2 Comments

迎春飾り

2007/1/8 月曜日

今年は、と言うか年々 “お正月” の雰囲気がなくなってきたかな
と思うのは私だけでしょうか??

吹きすさぶ寒さの中で大掃除したり迎春用の飾りつけをしたりして
お正月が来るのを楽しみにしていた頃とは違い、
年も取り、温暖化も進んで
自分自身もそしてまわりの環境も
なんだか昔とは違ってきているような気がします。

我が家のお正月もほとんど飾りらしい飾りつけはせずに
済ませちゃってます^^;geisyun3.jpg
でも、お花を始めてからはお玄関(または床の間)には
その年の最後のレッスンでお稽古する迎春用のお花を飾ります。

今年は若松を真直ぐに立てたとてもシンプルで
且つ、花器によっては和風にも洋風にも使える
こんな素敵はお正月花を教えてもらいました。
                私作 →→→

geisyun1.jpg     手前には、若松をさばいたときに落とした小枝を
     同じようにまとめて麻紐で結び
     これにも “御幣(ごへい)” をつけて置いてみた。
     それだけでまた雰囲気が出る!

   ←← こちらは先生作。

geisyun2.jpg    ちょこっとしたことでこんなに違う。。
    う〜ん、うちで真似してやってみたけど
    なんだか感じが全然違ってイケテナイのでgeisyun4.jpg
    先生のをUPさせていただきました(*^_^*)
    さすが、オシャレだなぁ…

 

今年も先生に素敵なお花を教えて頂き
センスアップを目指して頑張ろうっと!!

posted in flower | 2 Comments

初詣

2007/1/5 金曜日

初詣に行って参りました。taisyakuten.jpg

今年は生まれて初めて 葛飾・柴又の帝釈天に
連れて行ってもらいました。⇒⇒⇒
寅さんで有名なあの柴又!
♪ちゃ〜ん、ちゃらららららら〜ん♪♪ (ちょっと違う??)
と、テーマソングが流れてきそう!

が、元旦ということもあってすごい人手で
身動きとれずに早々に引き上げてしまいました。

体調も悪かったのですが
残念なことに私は寅さんシリーズを見たことがない!のです…

toraya.jpg   ゆえに
   有名な 『 とらや 』 があって
   『ここが“とらや”だよ!』と言われても
   『ふ〜ん、映画に出てたん??知らんわ。』
   などとほざいてしまい、

せっかく山盛りの人ごみの中、sibamata2.jpg
一生懸命連れて行ってくれたのに、相棒はがっかりしたようで…
本当にスミマセンでした<(_ _)>
是非次回は人の少ないときにゆっくりと歩いてみたいです。
そのときはよろしくお願いします!!

houkokujinjya.jpg  ということで、
  あっと言う間に終わってしまった今年の初詣。
  しかし、これではちょっと・・・ですので、
  恒例ですが、会社の人と豊国神社へ参ってきました。

  1月4日、会社で集合し、今年の抱負をサクっと話して
          いざ、大阪城へ!kaiunchinowa.jpg
てくてくと歩いてたどり着いた大阪城・豊国神社。
日暮れと言うこともあり、かなりかなり人出は少なめ。

“ 開運 茅の輪 ”⇒⇒⇒
をくぐり、出世開運の神様におまいり〜!

houkokujinjya2.jpg  
  (今年も皆が元気で仕事も順調に進みますように…)

  そして
  皆様にとっても健康で充実した一年でありますように。。

 

 

posted in 日々のこと | 0 Comments

謹賀新年

2007/1/3 水曜日

あけましておめでとうございます。hujisan.jpg

2007年。皆さんはどのようなお正月をお迎えでしょうか?

私は年末より風邪をひき、ヨレヨレになりながらも
東京へ帰っておりました(相棒の実家)。

何度も行き来している道ですが、
今年はお天気が良く、とってもキレイに富士山を見ることが出来ました。
なんだか幸先がいい感じで嬉しい(*^^)v
ちょっとだけ、おすそ分け〜!

inobuu.jpg  東京駅に着いたら、
  こんなイノシシ( “ 豚 ” と書いてあったが…)を発見しました。
  『幸運の仔豚像』
  イタリア・フィレンツェのウフィーツィ美術館にある『猪』の
  大理石像の模刻品で、鼻先をなでると幸運がもたらされる
  とのこと。(もちろんナデナデしてきました!)

今年は猪年。
こちらもなんだか幸先いい感じ!ウフっ!

さぁ、今年もみんなで幸せになりましょう〜!

posted in 日々のこと | 4 Comments